FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の水

3月5日~9日 蟄虫啓戸(すもごりむしとをひらく)
あたたかい春の陽ざしを浴びて土の中のすべての生き物が動き始めます。



春の水すみれつばなをぬらしゆく   蕪村
(つばな=茅の花穂)

『春水満四沢』陶縁明「四時」より
雪解けとともに、山々に貯えられた水が山の中腹から一滴二滴としたたれ落ち、やがて四方の沢に満々とひかりかがやきながれていきます。

20170306191725aac.jpg

花*深山菫(ミヤマスミレ)・百合山葵・油瀝青(アブラチャン)・山芋と鬼野老(オニドコロ)の花殻
器*スチューベンクリスタルガラス


201703061859081c5.jpg

スポンサーサイト

立春

2月4日 立春
春風解凍 はるかぜこおりをとく

春の予感
20170204124025033.jpg

花*ショカッサイ諸葛菜
器*熊谷峻

富士山のふもとの山

故郷に帰ると必ず行くところがある

山の草木の力ををいただくために・・・・

毎回あたらしい出会いがある

IMG_20150613_103817.jpg
こんなにたくさんのコアジサイははじめて
それぞれがそれぞれの色をつけやさしい香りとともに魅了する

IMG_20150613_103744.jpg

そして
初めての出会い

IMG_20150613_103656.jpg
ギンリョウソウ・・・銀竜草(別名ゆうれい茸)

IMG_20150613_103507.jpg


ここはいつも私を裏切らない


ランキングに参加しています。
ポチッと押してくださるとうれしいです。

プロフィール

山里花

Author:山里花
里山へ花をいただきに10年通い、山を歩き続け、その土地の人々と交流を重ね、たいていの山道と草木の行方はわかるようになりました。
でもいつも景色は違うのです。これからも、花に逢うため通い続けます。

ふっと心にとまったその花を
お気に入りの器にそっと入れてみる・・・

花自身が、時に、花どうしが支えあい
呼応しながら姿形になっていきます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。