FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014秋の花会(あきのはなのえ)つづき なげいれのすすめ

寒中お見舞い申し上げます。
なかなかパソコンの前に座れず遅くなりました。

2014.秋の花会

20150106201334063.jpg

5.jpg
古民具 わら篭   富士薊、ガマズミ、山トリカブト

20150106201717246.jpg

20150106201717647.jpg
古民具 わら篭    ガマズミ・ミヤマトリカブト・フジアザミ

2015010620171702e.jpg
木通と山葡萄の大籠   沢シロギク

20150106202056d12.jpg
床の間、  樹皮『山川草木悉皆成仏』 と 書く
室町古銅花入れ  美男かずら

2015010620205675d.jpg




20150106202056ed6.jpg
古信楽大壺  榎木



201501062030166ac.jpg
竹籠鞄  ソヨゴ・オトコエシ

2015010620240034c.jpg
竹籠鞄 後半 モミジバイチゴ黄葉・オトコエシ

201501062024009fd.jpg
須惠器小壺  ナワシロイチゴ・沢シロギク


2015010620240068d.jpg
紙縒り小田原提灯    ヤマハッカ・メヒシバ


ランキングに参加しています。ポチッとおしてくださればうれしいです。

スポンサーサイト

2014.秋の花会(あきのはなのえ)  

初春のおよろこびを申し上げます

20150102082953b62.jpg

2014.10月 埼玉県伊那町にある1000坪の雑木林にたたずむイノセントギャラリーカフェさんの母屋のギャラリーではじめての花会をひらきました。

いつも花をいただいているときがわの山の花と故郷の富士のふもとの花、そして寧さんの雑木林の花をいけました。

寧さんでは、母屋を自由に使わせていただき
和紙職人の岡崎浩逸堂さんが襖を全部草木染の和紙で貼りかえてくださいました
ていねいに掃除をさせていただき、空間をよみとって器と花を瞬時にいけなくてはなりませんでした。

山の花はその場の空気をよみとります。
意にかなわないとすぐしおれてしまうのです。

花を生けることは、場をよみ、うつわに聞き、はなのうまれや育ちをよみとり花をいれます。

寧さんの雑木林はたくさんの木々と草花ががあり、心あたたかいオーナーの濱野さんご夫婦のおもいの花たちでいっぱいです。
その中に私の花を少しおかせていただきました。

沢山の方にご高覧賜り、また遠くからお越しいただきましたこと、心から感謝もうしあげます。

ありがとうございました。


20150106201334063.jpg

                 2015010620133425c.jpg

 2015010620133421b.jpg

20150106201334ad9.jpg


20150106201334136.jpg
時代静岡製茶用和紙張蓑   五つ葉木通(あけび)

20150106201717a58.jpg


つづく・・

ランキングに参加しています。ポチッとおしてくださればうれしいです。



プロフィール

山里花

Author:山里花
里山へ花をいただきに10年通い、山を歩き続け、その土地の人々と交流を重ね、たいていの山道と草木の行方はわかるようになりました。
でもいつも景色は違うのです。これからも、花に逢うため通い続けます。

ふっと心にとまったその花を
お気に入りの器にそっと入れてみる・・・

花自身が、時に、花どうしが支えあい
呼応しながら姿形になっていきます。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。